www.zfzxian.com

保育士は子どものお手本となるべき存在

 子どもというのは、大人が思っている以上に見たものから強烈なインパクトを受けています。よく、そんな言葉どこで覚えたの?という言葉を子どもが知っているケースがありますが、そのくらい子どもは感受性が強く、なおかつ吸収が早いものです。ですから、子どもと接する大人というのは、そうした子どもの特性を理解した上で、しっかりと恥ずかしくない態度をとることが求められます。
こちらにどうぞ保育士になるにはがおすすめです!

 

 ですから、保育園で働く保育士は、絶えず「子どもに細部まで見られているんだ」という意識を切らさずに、子どもと接する必要があります。まず、身だしなみをしっかりと整え、妙な癖などは出さず、言葉遣いも物騒な言葉は絶対に使ってはいけません。悩む前にここ→保育士におまかせください。

 

 

 また、子どもたちに接するときも優しい笑顔を忘れず、たとえイライラとしていても顔には出さないようにすることが、子どものお手本となるような理想の保育士です。保育士も人間ですから難しいと感じることもあるかもしれませんが、保育士はぜひともそんな保育士であって欲しいと私は思っています。